介護職員初任者研修 ハローワーク

介護職員初任者研修はハローワークの利用が可能

介護職員初任者研修はハローワークの職業訓練でも実施している養成講座です。ただし、ハローワークで受講するためにはいくつかの条件があります。

 

まずハローワークでの受講条件であげられるのは「今現在仕事をしていないこと」です。過去に就業経験がある、なしに関係なく、今現在無職の状態であるということです。ちなみに専業主婦の方は無職に該当します。

 

ハローワークでの介護職員初任者研修の受講ですが、これは2種類の方法があります。

 

 

まず1つ目が「求職者支援訓練」

これは雇用保険の受給資格のない方が対象となります。アルバイトなど前職で雇用保険に加入していなかった場合や、主婦の方などが該当するでしょうか。

 

2つに「公共職業訓練」があります

これは前職で雇用保険に加入していた方が対象となります。ハローワークでの受講を考えた場合に、自分がどちらに該当するのか必ず確認するようにしましょう。これらを確認の上、お住まいの地域のハローワークを通して受講申し込みをするのですが、ハローワークでの職業訓練はあくまでも自治体が募集している時のみ可能です。

 

また応募すると全員受講できるわけではなく、募集人員にも限りがあります。上手くタイミングがあってハローワークの職業訓練に申し込みしても、そのあとには面接があり、選考のうえ受講者決定の通知があります。選考にもれた場合はその時期に職業訓練としての受講はできません。様々な手続きを経ますので、ある程度の時間もかかります。

 

ハローワーク利用の注意点

ハローワークの職業訓練というと、無料のイメージを持っている方も多いと思いますが、講座受講に関しては無料となりますがテキスト代は実費で支払う必要があります。ハローワークを通しての職業訓練でも、講座を実施するのはあくまでも民間の養成機関ですので、各自治体によって金額にはかなり違いがありますが、15,000円から30,000円程度のテキスト代は負担することになります。

 

またハローワークを通して受講したからといって、実際の就職活動の際には、そのことで有利にはたらくということはまったくありません。現在就業していない方で介護職員初任者研修を受講しようと考えている方は、これらの事柄を頭に入れた上で、どのような形で受講するのかを検討していくことが望ましいでしょう。

 

介護職員初任者研修は教育訓練給付制度の対象となっていますので、条件に合致する方はこの制度を利用も合わせて検討してみましょう。

 

 

 

>>介護職員初任者研修 通信で資格取得 TOP