介護職員初任者研修 収入

介護職員基礎研修を取得して働いた場合の給料・収入・年収

実際に介護職員初任者研修の資格を取得して仕事を始めた場合には、お給料や収入はどうなるでしょうか。

 

介護職員初任者研修の資格を取得すれば、主に高齢者介護の仕事に就くことができるようになります。仕事内容としては、高齢者の自宅を訪ね、家事援助や身体の介護をおこなう訪問介護事業所や、特別養護老人ホーム、介護老人福祉施設、デイサービスやグループホーム、介護移送サービスやこの数年増加しているサービス付き高齢者向け住宅など、介護職員初任者研修資格者の需要は非常に多肢にわたります。

 

これらの求人の中には、無資格つまり介護職員初任者研修資格を有していなくても可であるとしているところもありますが、ほとんどのところが有資格者を優先して求人しているのが現状といえます。

 

介護職員初任者研修の資格を取得したからといっても、その給料については勤務する形態(パートタイマーか正社員など)、勤務する地域、勤務先によっても大きく異なってきます。ですからなかなか一概にいくらとは言いにくいのですが、大別して特別養護老人ホームなどの施設で働く場合と、高齢者の自宅を訪ねる介護事業所に勤務する場合とでみてみましょう。

 

特別養護老人ホームなどの施設で働く場合

仕事の経験・未経験などにもよりますが、基本給として15万円前後が見込まれるでしょう。もちろん、地域差・勤務先による差はあります。これに加えて介護職員初任者研修資格を有していることによる、資格手当を支給している施設が多くあります。資格手当もその施設の規定によって金額には違いがありますが、おおむね3,000円から10,000円の範囲になるでしょうか。

 

自宅を訪問する訪問介護事業所に勤務する場合

訪問介護事業所ではサービス提供責任者を除いて、ほとんどの職員が登録の形をとっています。登録して一日で何件かの高齢者宅を訪問する形になり、その給与は1時間当たりの時給換算の形がほとんどです。経験や仕事内容(家事援助か、身体介護か)によっても違いがありますが、おおむね時給1,000円前後であることが多いようです。いずれの場合にも仕事をしていくうえで、介護職員初任者研修の資格を有していればプラスになることはあっても、マイナスになることはないといえるでしょう。

 

 

 

>>介護職員初任者研修 通信で資格取得 TOP