介護職員初任者研修 ソラスト

ソラスト

1965年に日本初の医療事務教育機関として創業したのが、株式会社ソラストの始まりです。旧株式会社日本医療事務センターは、1988年にホームヘルパー養成講座を開始し、2012年に現株式会社ソラストに社名変更しました。

 

ソラストは

 

2015年の今年創業50周年を迎える「医療事務・介護・保育の専門会社であり、プロフェショナルの養成機関」です。日本の総人口の4人に1人が65歳以上の高齢者だと言われます。今後もこの割合は上昇し、要介護者は増加し、介護職員のニーズは高まる一方です。

 

ソラストの介護職員初任者研修講座の特徴

 

@「インスタントシニア体験」は、高齢者の不自由な体や視野の狭さを特殊ゴーグルや手足にウエイトを付けることで疑似体験します。その時に感じた思いを介護現場で利用者に重ね合わせることが出来ます。

 

A介護現場を良く知る介護のプロが講師となり、経験と現場でのスキル、心構えを伝えます。

 

B全国で介護施設を運営しているソラストならではの現場の生の声を生かして、最先端の知識と情報を手に入れることが出来ます。

 

Cオリジナルサポートブックで介護のポイントを分かりやすく解説します。

 

Dロールプレイングで介護の技術やコツを実践して「利用者が望む介護」を学びます。

 

E一人一人がしっかり理解出来るように、少人数制を取り講師が直接指導しますから安心です。

 

 

ソラストの介護職員初任者研修講座のカリキュラム

 

介護職員初任者研修のカリキュラムや受講時間は各都道府県の指定によって異なりますが、ソラストでの標準的な学習期間は4ヶ月、自宅学習レポート提出3回で講座は終了します。

 

講座の在籍期間は8ヶ月設けられており、その期間に自宅での学習と通学しての講義40時間、実技スクーリング90時間、全日程参加終了後に修了認定試験に合格することで資格取得できます。

 

このカリキュラムに加えてソラスト独自の「インスタントシニア体験」が追加されます。

 

ソラストのサポートと講座費用

 

振替受講

 

急病や仕事で欠席しても、受講期間中は他のクラスや教室に無料振替出来ます。

 

質問制度

 

学習中の疑問点、不明点をメール・FAX・郵送で何度でも質問できます。

 

最大8ヶ月まで受講期間を無料延長が可能です。修了試験が不合格だった場合、受講期間内なら何度でも再試験出来ます。(再試験、補習合わせて有料になります。)

 

就業サポート

 

講座終了後、ソラスト運営の介護事業所での仕事を案内出来ます。

 

受講料

 

通常、税込113,500円になります。

 

受講料の割引(早割7)

 

開講日の7日前までの申し込みで税込72,000円になります。

 

その他の割引制度

 

学生割引、受講生・修了生割引、紹介割引により通常受講料の10%引きになります。

 

教育訓練給付制度

 

ハローワークに申請することで受講料の20%(上限10万円)が再就職の促進を目的に給付されます。介護職員初任者研修はこの支援制度を利用できます。

 

 

最短・最安値で資格取得

介護職員初任者研修 資料請求

 

 

 

>>介護職員初任者研修 通信で資格取得 TOP