介護の仕事

介護の仕事

高齢化社会と言われて久しい現在、介護を必要とする人の割合は増加するばかりです。少子化と労働人口の減少は、家族で高齢者介護が出来ない現状に至っています。

 

介護の現場は家庭の中にあるべきと考えられていましたが、独居高齢者、高齢者夫婦世帯の増加は地域からの孤立を招き、今まで通りの生活をしていくことが困難になってきました。

 

介護の仕事って?

 

高齢者、認知症患者、身体的障害のある人、精神疾患のある人など他者の手助けを必要とする人は多く存在します。介護の仕事は「その人らしい自立した生き方」を尊重して、その人の思いに寄り添った手助けをすることにあります。身体的な自立のみならず、経済的、精神的、社会的自立を目指し、全面的な介護に依存するのではなく、介護利用者と介護者が共に生きていくという考え方が必要になります。

 

介護を必要とする人の気持ち(良き相談者)

 

介護の仕事には「身体介護」と「生活介護」に分けることが出来ます。今まで通りの生活が出来なくなった高齢者も、最後まで自分のことは自分でしたいと思うのが、食事と排泄になります。人の手を借りないと食べられない、他人に手を煩わせなければ排泄できない自分が情けなくて、恥ずかしくて、申し訳ない不甲斐無い気持ちで介護利用者は精神的に不安定になります。

 

吐き出せない気持ちから、八つ当たりしたり、介護者を困らせることもあります。身体介護を行う時は、利用者の精神状態や心理を理解して、恥ずかしい辛い気持ちを共有し、介護者は、身近な良き相談相手であることが必要になるのです。

 

地道な仕事は大きな社会的貢献です

 

現在多くの介護施設が存在し、施設利用者は増加の一途です。家庭で介護できない高齢者や障害者は、社会全体で支えていかなければなりません。その担い手がホームヘルパーになるのです。

 

現在の高齢化社会を支えているのは、ホームヘルパーによるものでしょう。

 

この点からも、介護職は社会的な貢献度が大きい仕事だと言えます。介護利用者とその家族の身近で話を聞き、手助けして介護を任せることができるホームヘルパーの存在は、家族にとって大変心強いものです。介護利用者や家族から感謝され「ありがとう」と言ってもらえる喜びがあるからこそ、続けられるやりがいのある仕事です。

 

自分の生活も大切だから、多様な働き方で

 

現在の介護施設は、利用者のニーズに合わせて多種多様になっています。小規模施設から総合的な大規模多機能介護施設まで存在します。夜間専門の介護職、短時間パート契約の介護職、送迎だけの運転業務、週に1〜2日だけと様々な雇用形態を生みだしています。

 

介護施設の増加に雇用が追い付いていない現状がこのような勤務状態を生みだしているとも言えますが、働く側からすると、家族の生活を大切にしたい子育て世代から元気な高齢者まで働く場を提供している事になります。

 

介護の仕事はきれいごとばかりではありません。排泄や入浴介助は大変です。その割に決して給料が高いとは言えません。介護者に要求される技術と責任の割に安いかもしれません。

 

しかし、介護職はやりがいがあり感謝される仕事であり、自分の生活に合った働き方が出来る利点があるのです。

 

 

 

>>介護職員初任者研修 通信で資格取得 TOP