介護職員初任者研修とは

介護職員初任者研修とはどんなもの?

介護職員初任者研修とはどういった資格なのでしょうか。

 

介護職員初任者研修の養成講座は、2013年4月からスタートしました。こう聞くと新しい資格なのかな、と思われるかもしれませんが、捉え方次第で新しいともいえますし、そうではないともいえます。というのも、介護職員初任者研修は2013年4月から名称を改めてスタートした資格なのです。

 

介護の分野で働く方はもちろん、そうでない方でも「ホームヘルパー」という言葉はよく知られているのではないでしょうか。長らくヘルパーさんと呼ばれている、なじみある名称のホームヘルパーですが、これは訪問介護員とも呼ばれ、読んで字のごとく高齢者の自宅を訪問して家事援助・身体の介護等を担うための資格でした。

 

自宅を訪問して家事援助、身体介護等を行うには、ホームヘルパー資格を有することが義務付けられていたわけです。また介護施設で業務にあたる際にも、ホームヘルパー資格を有していることを条件としてあげる施設が多く、ホームヘルパーはとても需要のある資格でした。

 

2005年、厚生労働省は高齢者介護を行うために、ホームヘルパーの上位資格ともいえる「介護福祉士」という国家資格を定める施策を打ち出します。これは、高齢者の自宅を訪問する訪問介護を行う際にも、将来的には介護福祉士の資格を有する者が従事することを義務付けるものです。しかし、介護福祉士の資格を有するためには、概ね3年の養成学校を卒業するか、介護の仕事に数年従事しなければ受験資格が得られないため、介護福祉士の需要に対してその供給は追い付いていませんでした。

 

ホームヘルパーが介護福祉士にステップアップをしやすくするために、厚生労働省では介護職員基礎研修など様々な施策を実施してきましたが、介護福祉士への道筋をよりわかりやすく一元化するために、既存のホームヘルパー養成講座、介護職員基礎研修を廃止し、新たに介護職員初任者研修へ一元化され、2013年4月より実施されています。つまり、介護職員初任者研修資格は介護の仕事に就こうとする方・就いている方にとって、最初に通過すべき養成講座であり、取得すべき資格であるといえます。

 

介護職員初任者研修の資格を取得するには

介護職員初任者研修の資格は、各都道府県の実施要項に基づいた講座を受講し、修了試験に合格することが必要になります。介護職員初任者研修養成講座は、介護保険法施行規則の厚生労働大臣が定める基準によりカリキュラムが定められています。このカリキュラムを実施する養成機関は各都道府県が指定した養成機関となります。
カリキュラムは10項目、約130時間となり、すべてのカリキュラムの最後に1時間程度の筆記試験の実施が定められています。

 

これらの養成講座を受講し、介護職員初任者研修資格を有することで、高齢者の自宅への訪問介護、介護施設での業務に従事することができ、将来的に介護福祉士への道筋が見えてくるわけです。なお、2013年4月以前にホームヘルパー養成講座や介護職員基礎研修を終えられている方は、そのまま介護職員初任者研修資格へ置き換えられますので、継続して資格は有効となります。

 

 

>>介護職員初任者研修 通信で資格取得 TOP